藤井風『満ちてゆく』の歌詞の意味は?主題歌の映画「四月になれば彼女は」のあらすじで読み解く!!

藤井風の満ちてゆくの歌詞の意味がヤバい!!映画四月になれば彼女はの主題歌

・当サイトは広告を掲載しています。

藤井風さんの『満ちてゆく』が佐藤健さん主演の映画『四月になれば彼女は』の主題歌になることが発表されました。

「四月になれば彼女は」の主題歌として藤井風さんが描き下ろした『満ちてゆく』。

今回はその「満ちてゆく」の歌詞の意味について調査したいと思います。

映画の内容とリンクしてるよねきっと!
だから映画の内容もチェックしちゃうよ!

もくじ
スポンサーリンク

「満ちてゆく」の歌詞の意味は?

「満ちてゆく」の曲と歌詞をみてみましょう。

藤井風さんが映画「四月になれば彼女は」のために描き下ろした『満ちてゆく』ははじめは『全て終わりが来る』と少し悲しい雰囲気で進みます。

しかしサビでは『どんな状況でも愛していく』という覚悟を感じることができます。

そこでどのように映画とリンクしているのか映画のあらすじを確認してみましょう。

映画「四月になれば彼女は」のあらすじは?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

MANAのアバター MANA ALLCOの運営者

熊本住みの緊急車両好き3歳ボーイを育てるワーママです( ´∀`)
熊本の公園や温泉、おもちゃ、イベントなどの情報を発信しています!
想像を絶するズボラママが楽に楽しい育児を実践中( ・∇・)
どんな場面も楽しむ育児でイヤイヤ期なし!トイトレ1日で完了しました!
そんな筆者のおすすめ情報をぜひ見て行ってくださいね⭐︎

コメント

コメントする

もくじ