黒島結菜と宮沢氷魚が事実婚を選択した3つの理由とは?仲良しな女優杏の生活が影響してる?

宮沢氷魚と黒島結菜が事実婚を選択した3つの理由!杏が関係してるの?

・当サイトは広告を掲載しています。

黒島結菜さんと宮沢氷魚さんがパートナー関係であり第一子を妊娠していることを発表しました。

黒島結菜さんと宮沢氷魚さんは入籍せず事実婚という形を選択するということで、なぜ入籍しないのと気になる人も多いですよね。

どこで今回は黒島結菜さんと宮沢氷魚さんが子供が生まれるにも関わらず入籍しない理由を調査したいと思います。

もくじ
スポンサーリンク

黒島結菜と宮沢氷魚が事実婚を選択した3つの理由

黒島結菜さんと宮沢氷魚さんが事実婚を選択した理由は発表されていません。

そこで推測される3つの理由を紹介します。

①手続きが面倒

黒島結菜さんと宮沢氷魚さんが入籍をしなかった理由に手続きが大変ということも関係しているかもしれません。

日本では夫婦別姓が認められていないため入籍をすればどちらかが必ず名字を変える必要があり、さまざまな手続きをしなければなりません。

特にお二人共自分の名前で活動しているためさまざまな場面で名前の使い分けなどが必要になるため、余程の必要性を感じない限り入籍せずに行こうと思われたのかもしれませんね。

②多様性が尊重される時代

現代では多様性が尊重される時代になったため、シングルマザーやシングルファザー同性同士の夫婦の子供などさまざまな家族の形を受け入れられやすい時代になってきました。

そのため形にこだわりなく二人の信頼関係で子育てしやすい環境になってきたと思われたのではないでしょうか。

③杏さんの存在

黒島結菜さんと宮沢氷魚さんは女優の杏さんととても仲良しです。

杏さんは元夫である東出昌大さんの不倫により離婚をしたわけですが、その様子を近くでみていたお二人が結婚という仕組みに対する希望を持てなくなったのではないでしょうか。

また杏さんはシングルマザーで海外で3人の子供を育てているためどんな状況でも、子供を育てれるという気持ちになったのではないでしょうか。

黒島結菜と宮沢氷魚はなぜ結婚しない?

黒島結菜さんと宮沢氷魚さんは結婚しないことに関してそれぞれこのように報告しています。

黒島結菜さんのインスタより

宮沢氷魚さんの報告

二人の発表を見ると交際が始まった当時から結婚にはこだわらないと決めていたとから、子供ができたことによって入籍するという選択はしなかったようです。

今後ずっと結婚しないと決めたわけではなく二人で話し合って決めていくとあるので世間の普通などに縛られず二人が子供と自分たちに必要な選択をしていくのではないでしょうか。

まとめ

黒島結菜さんと宮沢氷魚の事実婚と妊娠の報告からなぜ事実婚を選んだのかについて調査しました。

黒島結菜さんと宮沢氷魚は杏さんととても親しい関係であるので現在シングルマザーとしてたくましく生きる杏さんの影響を受けて入籍という形にはこだわらなかったのかもしれませんね。

事実婚で家族を築いている芸能人といえばSHELLYさんもいます。事実婚がうまくいくのときになっている方はSHELLYさんの事実婚についてこちらの記事に書いてますので見てみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

MANAのアバター MANA ALLCOの運営者

熊本住みの緊急車両好き3歳ボーイを育てるワーママです( ´∀`)
熊本の公園や温泉、おもちゃ、イベントなどの情報を発信しています!
想像を絶するズボラママが楽に楽しい育児を実践中( ・∇・)
どんな場面も楽しむ育児でイヤイヤ期なし!トイトレ1日で完了しました!
そんな筆者のおすすめ情報をぜひ見て行ってくださいね⭐︎

コメント

コメントする

もくじ