ストレイキッズ(スキズ)のメンバーの国籍に日本人はいない?でも日本語が上手い理由はなぜ?

Stray Kidsのメンバーに日本人はいる? バンチャンとリノのの本後がうまい理由は?

・当サイトは広告を掲載しています。

韓国出身の8人組ダンス&ボーカルグループのStray Kids(ストレイキッズ・スキズ)

韓国の番組から生まれたStray Kids(ストレイキッズ)は世界中でさまざまな賞を受賞する大人気のグループです。

日本では2020年3月にデビューすると2023年にはK-POPのボーイズグループの中では最速で日本作品でのミリオンセラーを達成しています。

そんな日本でも大活躍のストレイキッズがテレビ出演した際に日本語が上手だったため日本人がいるの?と疑問に思った人も多いですよね。

そこで今回はストレイキッズに日本人がいるのか?日本語がうまい理由などについて深掘りしてみたいと思います。

もくじ
スポンサーリンク

ストレイキッズ(スキズ)のメンバーに日本人はいる?

Stray Kids(ストレイキッズ)のメンバーに日本人はいません

まずはメンバーそれぞれの出身地を紹介します

Stray Kidsのメンバーの出身地

出身地まとめ (国籍と出生地)
  • バンチャン:オーストラリア(韓国ソウル)
  • リノ:韓国(京畿道金浦市)
  • チャンビン:韓国(韓国京畿道龍仁市)
  • ヒョンジン:韓国(韓国ソウル特別市)
  • ハン:韓国(韓国仁川広域市)
  • フィリックス:オーストラリア(ニューサウスウェールズ州)
  • スンミン:韓国(韓国ソウル特別市)
  • アイエン:韓国(韓国釜山広域市)

ストレイキッズはバンチャンとフィリックスがオーストラリア国籍で他の6人が韓国国籍となっています。

バンチャンもフィリックスもオーストラリア国籍ですが両親とも韓国人です。

バンチャンとフィリックスは研究生になるまでオーストラリアに住んでいました。

そこでバンチャンとフィリックスがK-popアーティストとしてデビューしたきっかけを紹介します。

バンチャンとフィリックスの韓国行きのきっかけは?

バンチャンはすんでいたオーストラリアで行われたJYPのオーディションに参加し、練習生となりました。

フィリックスは高校生のときにオーストラリアの教会スカウトされたそうで、卒業してから韓国に行って練習生になったそうです。

フィリックスのデビュー秘話

韓国で練習生になったフィリックスの課題は韓国語だったそうです。

突然海外に行ってその国の言葉を操って歌うというのは至難の業ですよね。
そのためStray Kidsのオーディションでは『韓国語に説得力がない』と一度落選しています。

しかし、落選後もそこで落ち込むことなく練習を続けた姿を見て、ダンスポジションとして復活しデビューできたそうです。

Stray Kidsは今や世界的なアーティストだからバンチャンやフィリックスがいてくれてよかったね。

世界で活躍するストレイキッズですが日本での活動も増え、2023年の年末には紅白歌合戦にも出場します。

そこで日本の歌番組でトークを担当しそうな日本語がうまい2人を紹介します。

バンチャンとリノの日本語がうまい理由は?

Stray Kids(ストレイキッズ)のメンバーは全員韓国人ですが日本語が上手いメンバーが2人います。

それがバンチャン、リノです。

そこでバンチャンとリノがどのくらい日本語が上手かと何故上手になったのかを調査したいと思います。

バンチャン

バンチャンの日本語のうまさが分かる動画がこちら。

2023年紅白に初出場がが決まったときの会見の様子です。

難しい言葉もカンペも見ずにしっかりとコメントしていますね。

バンチャン日本語が上手な理由

バンチャンの歌がうまい理由はTWICEの日本人メンバー(ミナ、サナ、モモ)から日本語を教わっていたからなんだそうです。

JYPの練習生としてバンチャンは2010年からモモとサナは2012年、ミナが2014年から過ごしていました。

その間に仲良くなって日本語を習っていたのでバンチャンの日本語歴は10年くらいになるのかもしれませんね。

このTWICEの日本人メンバー(ミナ、サナ、モモ)といえば2023年にMISAMOとして日本でもデビューしストレイキッズと同じく2023年の紅白に出場することになっています。

出場歌手発表記者会見では事務所の同じストレイキッズとMISAMOの2組が同じ舞台に上がりました。

またその舞台裏ではこんなかわいいやり取りが行われていたようですよ。

姉御って言ってるけどバンチャンとサナは同級生でモモとミナは1つ歳上なんだって。
殆ど変わらないのに姉ちゃんって呼ぶの可愛いね。

リノ

リノの日本語動画は2つ紹介します。

こちらはたこ焼きを買うリノですが、「今食べます」の言葉がとてもスムーズですよね。

こちらは2022年に賞を受賞したときのコメントです。

日本のファン(ステイ)に感謝を伝えるためにさっと出てきて流暢に喋るのが素敵ですね。

リノの日本語が上手な理由

リノが日本語の習得に力を入れている理由はグループに貢献するためだそうです。

世界で活躍するストレイキッズですが、リノは英語が少し苦手だそうでその分、他のメンバーが苦手な日本語でグループに貢献すると決め、努力を続けているそうです。

確かに英語はオーストラリア出身のバンチャンとイ・ヨンボクやマレーシアでインターナショナルスクールに通っていたハン・ジソンに任せることができるので一生懸命日本語を習得したそうです。

ちゃんとメンバーのバランスをとって努力するところが素敵!!

スキズの出身地もわかる詳細なプロフィールについては『ストレイキッズ(スキズ)のメンバーカラー調査』の記事を見てくださいね。

まとめ

ストレイキッズに日本人がいるのか調査した結果、日本人はおらずオーストラリア国籍の2人と韓国籍の6人で構成されたグループだということがわかりました。

韓国大手のJYPはオーストラリアでもオーディションやスカウトを行っていたんですね。

また日本での活動時にいつも流暢な日本語を聞かせてくれるのはバンチャンとリノである可能性が高そうです。

今後もテレビなどで活躍する姿が見れると思うので、日本語のうまさには注目してみたいと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

MANAのアバター MANA ALLCOの運営者

熊本住みの緊急車両好き3歳ボーイを育てるワーママです( ´∀`)
熊本の公園や温泉、おもちゃ、イベントなどの情報を発信しています!
想像を絶するズボラママが楽に楽しい育児を実践中( ・∇・)
どんな場面も楽しむ育児でイヤイヤ期なし!トイトレ1日で完了しました!
そんな筆者のおすすめ情報をぜひ見て行ってくださいね⭐︎

コメント

コメントする

もくじ