芦原妃名子の編集担当は誰!?小学館が自殺の経緯を説明しない理由がヤバい!

芦原妃名子の小学館の担当は誰!?自殺の経緯を説明しない理由がヤバい!

・当サイトは広告を掲載しています。

2024年1月29日に自殺したと言われている漫画家の芦原妃名子さん。

芦原妃名子さんが自殺する原因となったのが現在小学館の「姉系プチコミック」で連載されていたセクシー田中さんです。

セクシー田中さんがドラマ化された際のトラブルで芦原妃名子さんが自殺に繋がったといわれており一体何があったのか説明してほしいと多くの漫画家や読者から声が上がっています。

そこで今回は経緯を知っている小学館の担当者となぜ小学館が経緯を説明しない理由について深掘りしたいと思います。

また芦原妃名子さんの自殺に繋がったと言われるセクシー田中さんのトラブルについてはコチラの記事に書いてありますので詳しく知りたい人はコチラを見てくださいね。

もくじ
スポンサーリンク

芦原妃名子の小学館の担当は誰!?

芦原妃名子さんの担当編集はわたなべ志穂さんと同じ方で女性の方だと言われています。

ドラマ化に対して積極的な方だと言われていますが、それも作者である漫画家のために良いドラマにしようとしっかりと寄り添ってくれた方だと、芦原妃名子さんがブログで推測されます。

また同じ担当編集がついているわたなべ志穂さんは担当編集についてこのように感謝を書かれています。

ドラマ化を推していたことで叩かれたりもしますが、実際にドラマ化することでより多くの人に漫画の存在を伝えることができるため担当編集であれば悪いことではないはずです。

そのために努力した結果、芦原妃名子さんが亡くなってしまったことに担当編集者は傷ついているのではないでしょうか。

そして2024年2月8日小学館のコミック編集者からこのようなコメントが発表されています。

この文章が編集部として発表されているのがちょっと気になりますね。

小学館が自殺の経緯を説明しない理由がヤバい!

小学館の少女・女性漫画編集部としては紹介したように文章を発表しましたが、小学館の会社としては芦原妃名子さんの急死に対して経緯を説明する予定はないそうです。

その理由として『芦原妃名子さんが無くなる前にドラマとのトラブルを記したブログやTwitterを削除している』と芦原妃名子さんが経緯を公にすることを望んでいないからだと発表されています。

しかし、本当の理由は別にあるのではとの多くの予想が上がっています。

  • 芦原妃名子さんに経緯のツイッターを消すように迫った可能性
  • 日テレと小学館の中で公にできない事実がある
  • 日テレに忖度している
  • 上層部が作家を大事にしていない

実際にこの問題にはどんな人が関わったのかとても気になりますね。

2024年2月8日脚本家の相沢友子さんも文章を発表しました。

相沢友子さんが原作クラッシャーと言われている理由の記事に相沢さんの文章も書いてありますので気になる人はそちらを見てくださいね。

まとめ

芦原妃名子さんの急死で気になる編集担当者について調査しました。

小学館が会社として芦原妃名子さんの死の経緯について発表しないということで、編集者たちが文章を発表したことに余計小学館と日テレの闇を感じます。

今後この問題がどうなるのか注目したいと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

MANAのアバター MANA ALLCOの運営者

熊本住みの緊急車両好き3歳ボーイを育てるワーママです( ´∀`)
熊本の公園や温泉、おもちゃ、イベントなどの情報を発信しています!
想像を絶するズボラママが楽に楽しい育児を実践中( ・∇・)
どんな場面も楽しむ育児でイヤイヤ期なし!トイトレ1日で完了しました!
そんな筆者のおすすめ情報をぜひ見て行ってくださいね⭐︎

コメント

コメントする

もくじ